編集室より > 編集室より
編集室からの便り

 このページは発行者から読者へのお便りのページです。
 最新の便りが上に来ています。
 前年度までの便りは、アーカイブで見られます。
 著者からの新しい原稿は、新着原稿に掲載します。



著作活動の完結にあたって                     2018年04月22日

 今年の4月に最後の著作『福音と宗教』TとUのハードカバー上製の保存版を刊行し、わたしの著作活動も一応の完結の時を迎えることになりました。顧みますと、1956年に召されて大学を出て独立の福音伝道に携わるようになり、今日まで62年の長きにわたって、むしろ虚弱なわたしの健康を支え、周囲に多くの優れた協力者を与え、独立の福音活動を可能にしてくださった主に感謝を献げるばかりです。その中で24巻の著作集を完成、刊行することを許されたことは、奇蹟の出来事としか考えられません。この時を迎え、ただ人の思いを超える神の恵みの働きに感謝と賛美を捧げるだけです。

 この間、1986年に個人福音誌「天旅」を発刊、2012年に終刊するまでに160号を重ねることが許されました。その福音誌に掲載した福音講話や聖書講義を順次にペーパーバックの普及版として刊行、2015年には第一期と第二期の著作を全22巻の「市川喜一著作集」ハードカバー上製の保存版として、多くの兄姉の献金のご協力を得て刊行することができました。その後、わたしは第三期の著述活動を続けることを許され、残された課題、すなわち世界の宗教史の中でキリストの福音が占める位置を確認するという課題を扱う著作『福音と宗教』上下2巻を刊行することができました。その2巻を加えて全24巻の「市川喜一著作集」を完結することになりました。すでに88歳になる今年、体力と著作活動の限界を感じ、この全24巻の著作集の刊行をもって、日本語の著作活動を終えることにした次第です。

 今後は体力の許す限り、すなわち主がお許しになる限り、以下の三つの分野で活動を進めたいと願っています。

 第一は、前回4月8日の便りに書きましたように、英語による「福音メッセージ」の執筆とアップロードの仕事です。これは、これまでの24巻の著作集で提示した福音の凝縮、要約版になると思います。

 第二は、完結しました「市川喜一著作集」全24巻の保存版を、全国の学校図書館や公立の図書館、とくに大学神学部図書館や神学校や学寮の図書室などに寄贈して、次の世代の方々に新約聖書が証言する福音を理解する助けにする活動です。この活動の詳細については、この「天旅ホームページ」の「出版案内」から「保存版普及活動」のページをご覧ください。

 第三は、保存版全24巻の著作全体を縦断する用語の索引を作成する作業です。著作各巻の用語検索は、ネット上のホームページ上でも行えますが、ネット上の文書には頁数がありませんので、その用語を含む文章を引用する際にどの書の何頁かを指定することができません。それで、書物版の全著作を縦断して検索し、その結果をどの書の何頁かを表示できるコンピュータ用の検索版を作成、DVDディスクで提供する作業を進めていきたいと願っています。幸い、この保存版の著作集を刊行するにあたって各巻のPDFファイル(印刷物と同じ形式で表示するファイル)は出来上がっておりますので、それを検索用に編集、コンピュータ上の検索ソフトを用いて、著作集全体を索引することは可能です。著者はすでに以前からこのような検索ソフトを用いて、自著全体の用語検索を便利に行っています。

 このような三つの方面の活動が、これからいつまで続けられるかは分かりませんが、主の御許しの下、それらの活動が続けられるようにお祈りください。

 誌友各位(このホームページの読者)に主の恵みと平安を祈り上げます。

                                  市川喜一



英語サイトの開設                         2018年4月8日

昨年の秋にわたしの著作活動第3期の『福音と宗教』上下2巻の著述を終え、わたしの執筆活動も一応の完結を迎えました。その後、海外の方からの要望もあり、またインターネット上の読者が英語を読まれる方が多いことを考え、著作の一部を英語にすることを考えましたが、膨大な著作の一部を翻訳することに困難と問題があることに気づき、わたしの福音理解の基本を新しく短い英文のメッセージに要約してネット上に出すことを計画するようになりました。わたしの英語力の未熟さの限界を思うとためらいがありましたが、幸い英語に堪能なフランス人の友人が、わたしの原稿を欧米の読者に読みやすいように編集して下さることになり、その編集を経た英文を出すことができるようになりました。

はじめはそのような英文の福音メッセージを順次、「天旅ホームページ」の一部の「英語ページ」として出すつもりでしたが、このホームページの製作者の関本順氏の熱意により、日本語の「天旅ホームページ」とは別の、英文の「市川喜一の福音メッセージ」と題するサイトを制作、この4月を期してその英語サイトを公開することになりました。今までの日本語の「天旅ホームページ」最初のホームページのトップにある “English Site” (英文サイト) のボタンをクリックすれば、英文の「福音メッセージ」のサイトが開き、英文のホームページトップの”Japanese Site” (日本語サイト) のボタンをクリックすれば、日本語の「天旅ホームページ」に戻ります。

英文の「福音メッセージ」は昨年秋から書きためてきた7編が一挙にアップロードされていますが、これからは月に1編か2編のペースになると思います。この英語の「福音メッセージ」のサイトは市川の福音メッセージを中心としていますが、聖書研究に役立つ多くのリンク集も添えて制作されています。「天旅ホームページ」の読者で、日本語は難しいが英語なら読めるという知人がおられるならば、この英語サイトを読まれるようにお勧めください。

今回、英文の「福音メッセージ」のサイトが公開されることをご報告し、この英文による福音の証言活動が進展し、主に用いられれるようにお祈りに加えて下さるようお願いします。

                                 市川喜一



新年を迎えて                         2018年1月28日
 
 新しい年を迎えて、主キリストにあって神の恩恵の内に新年を迎えることができることを、読者諸兄姉と共に感謝いたします。昨年の一月に「天旅ホームページ」の編集作業が完了して、その報告をしてから、はや一年が過ぎました。その間お便りができず申し訳ありません。昨年は『福音と宗教』第二部の完成に努め、ようやく夏に完成、秋の10月にペーパーバックの普及版の『福音と宗教U』を刊行することができました。これで一応わたしの著作活動も一段落したのではないかと感じています。その後は、この『福音と宗教』上下二巻の再校正作業に励み、ようやく完了して印刷に出したところです。春にはハードカバー上製本の形で刊行して、2015年に刊行した保存版22巻に加え、「市川喜一著作集」全24巻を完了する予定でおります。

 実は昨年夏、日本語による著作活動が一段落した頃から、英文で「福音メッセージ」と称する短文を書き始めています。以前から「天旅ホームページ」の内容を英文で発表するようにという要望も聞いていましたが、1万頁を超える膨大な著作を英語に翻訳することはもちろん、その一部分の翻訳でも、90歳に近い著者には不可能ですので、英語圏の方々にわたしたちの福音理解をお伝えするために、著者の貧しい英語力を顧みず、これまでの福音理解を要約する短い講話を書き始めた次第です。近いうちにホームページが更新されて、「英語ページ」が新設される予定ですが、そこにその英文の「福音メッセージ」を月に一つか二つをアップロードするつもりです。その英文のページが出来ましたら、日本語が読めない英語圏の人々に紹介していただければ幸いです。

 この一年が読者諸兄姉に平安と恵み豊かな年となりますように祈ります。

                                 市 川 喜 一



Top