編集室より > 編集室より
編集室からの便り

 このページは発行者から読者へのお便りのページです。
 最新の便りが上に来ています。
 前年度までの便りは、アーカイブで見られます。
 著者からの新しい原稿は、新着原稿に掲載します。



新年を迎えて                         2018年1月28日
 
 新しい年を迎えて、主キリストにあって神の恩恵の内に新年を迎えることができることを、読者諸兄姉と共に感謝いたします。昨年の一月に「天旅ホームページ」の編集作業が完了して、その報告をしてから、はや一年が過ぎました。その間お便りができず申し訳ありません。昨年は『福音と宗教』第二部の完成に努め、ようやく夏に完成、秋の10月にペーパーバックの普及版の『福音と宗教U』を刊行することができました。これで一応わたしの著作活動も一段落したのではないかと感じています。その後は、この『福音と宗教』上下二巻の再校正作業に励み、ようやく完了して印刷に出したところです。春にはハードカバー上製本の形で刊行して、2015年に刊行した保存版22巻に加え、「市川喜一著作集」全24巻を完了する予定でおります。

 実は昨年夏、日本語による著作活動が一段落した頃から、英文で「福音メッセージ」と称する短文を書き始めています。以前から「天旅ホームページ」の内容を英文で発表するようにという要望も聞いていましたが、1万頁を超える膨大な著作を英語に翻訳することはもちろん、その一部分の翻訳でも、90歳に近い著者には不可能ですので、英語圏の方々にわたしたちの福音理解をお伝えするために、著者の貧しい英語力を顧みず、これまでの福音理解を要約する短い講話を書き始めた次第です。近いうちにホームページが更新されて、「英語ページ」が新設される予定ですが、そこにその英文の「福音メッセージ」を月に一つか二つをアップロードするつもりです。その英文のページが出来ましたら、日本語が読めない英語圏の人々に紹介していただければ幸いです。

 この一年が読者諸兄姉に平安と恵み豊かな年となりますように祈ります。

                                 市 川 喜 一



Top